ENGLISH

【ボスキャリ不要】大学3年で留学→就活は少し忙しくなるだけで内定は出ます【経験談】

どうもこんにちは。クスハラです。

僕は大学3年9月→4年5月までアメリカのWestern Michigan Universityへ留学していました。

結論から言うと、ボスキャリではなく東京キャリアフォーラムに参加して、そこで面接突破した会社から内定をもらい入社することになりました。

この記事を書いた人
この記事を書いた人
この記事を見てくれている人は、留学行こうか迷ってる人or留学中の人だと思います。少し無責任ですが、帰国後内定出なくても留年したら全く問題ないです。僕は焦らず留年したらよかったなーと後悔しています。なぜそう思うかも書いていきます。

✔︎ 注意

僕は2018年卒なので、今になっては古い情報になっている箇所もあるかもしれません。それについては、目をつぶる / 読み替える などお願いいたします🙏

スポンサードサーチ

僕の大学3年で留学してからの就活は東京キャリアフォーラムで終わった

大学3年の秋学期(Fall Semester)でアメリカに留学。そこで一番困ったのが、SPIテストセンターの受験が必要な企業が受けれないことでした。

これって正直致命的ですよね😅😇

僕は2018卒で就活の解禁は5月でした。その時は、Fall Semesterが終了してSpring Semesterの半分くらいから少しずつ就活が始まってきました。

就活の戦略は、ボスキャリにはいかずに東京キャリアフォーラムとマイナビの国際派就活に参加して、帰国生向け日程がある大企業をポツポツ受けながら内定をゲット。

その中で、周りの留学生や先輩の就活事情を見たり聞いたりして、おぼろげながら全体像が見えてきました。それについてざっくりまとめておきます。

①メーカーや流通といったSPIオンリーの業界が受けれなかった

大学3年で留学する1番のデメリットがSPIを受けられないこと。これに尽きます。

これって正直、致命的だよなあと思いました😅 就活生が好きな大企業や一部上場など多くの場合で、SPIが受けられないだけで、応募すらできない状態になってしまいます。

僕
僕は「適当な大企業〜外資系、ベンチャーでもいいかな」くらいに考えていたので、OKだったのですが、日系企業に絞って就活を進めるのであれば、留年は考えていたほうがいいかもしれないです

大学3年で留学をするのであれば、事前に行きたい会社がテストセンターを採用していないか確認しておいた方がいいでしょう。

最近は、通年採用が一般化してきいるのもあって、留学していても就職活動には大きな影響はないかもしれませんが、僕の経験上、焦りは禁物なので、ゆっくり時間をとって考える方が後のキャリアにとってもプラスだと思っています。

大学3年からの留学だと、テストセンターが受けれないのでそれは覚悟しておこう。

大学3年で留学に行く前に、就活したい会社があるかはリストアップして確認しておこう。

②【ボスキャリはコスパ悪い!】交換・語学留学生は東京キャリアフォーラムで十分

この記事を書いた人
この記事を書いた人
ボスキャリに幻想抱いてる人多いけど、交換留学くらいじゃあんま相手にしてくれないと思います。東大とか京大かつ突出した何かがあればワンチャン投資銀行とかコンサル業界から青田刈りしてもらえるかもですが、そもそもその辺の人たちってボストン行かなくても刈られますよねw

アメリカ留学する人で、意識高い人の中では「ボスキャリ」がとても人気です。確かに、一部の最上位レベル(世界大学ランキングで50位以内など)の交換留学生なら、沢山のインターンや内定が得られるかもしれません。

しかし、断定はできません。秋学期でしかも留学してすぐの環境になれていないタイミングでかつ定期試験の直前とかにですよ。ボストンまで飛んでNNTとか「なんの成果も得られませんでした!!!!!」とかだとシャレにならないですよ…w


▲ボストンまで行ってこれとかネタですよ…

【悲報】ボスキャリは、海外大学を学士・修士で卒業しないと参加するメリットはないかも

ボスキャリは特に「アメリカの大学を修了した(学位以上)人材を取りたい」企業のニーズがメインなので、「交換留学生でもワンチャンある」くらいの考えだと痛い目に会うかもしれません。

この記事を書いた人
この記事を書いた人
うーん、あと東京キャリアフォーラムでも上位企業ではそういう雰囲気がありましたね… 就活ってシンドイですね…

僕の留学先の大学で、慶◯や日◯の学生の人でボスキャリ行っていた人がいましたが、どれだけ自信と実績があっても、インターン内定を頂けるくらいが関の山、という感じでした。

「英語ができるエンジニア」など、換金性の高いスキルを持っている場合だと話は違ってくると思います。ソフトウェアエンジニア最強ですからね。(日本でソフトウェア工学専攻してる人で留学してる人あんま見たことないですが)

僕が知っている中でカナダのUBCという有名大学を2年間交換留学された先輩でも、「ボスキャリではそこまで大きな収穫がなかった」という感じでした。

ヤバくないですか? TOEFL iBT 90超えようが無駄ですw GG😇

✔︎文系の専攻だと、難関大学から留学していてもボスキャリは厳しいです
✔︎ボスキャリにわざわざ出展を考える企業さんは、そもそも「海外大卒」の人材を欲していることを念頭に入れておきましょう。

…と、言いつつなんですが留学生の就活は正直言ってイージーモードだと思います。最低限のマナーや社会人基礎力があれば就活で無双できるでしょう。

交換・語学留学の方だと東京キャリアフォーラムがオススメです

▲同人誌即売会が好きな僕にとっては聖地です

東京キャリアフォーラムはもう少し門戸が広くなっていますが、それでもキャリアフォーラムはアメリカの大学を卒業した人が企業から見て一番欲しい人材。次点が交換留学≒語学留学くらいに考えておくのが無難です。

厳しい言い方ですが、学部レベルなんて留学したところで語学以外は他の学生と大差ないかもしかしたらトントンくらいです。

この記事を書いた人
この記事を書いた人
留学したんだからこれくらいの企業には行ける!と思うとミスりますよ。とりあえず、留学させてくれた親御さんに感謝しましょう。
ぺん
ぺん
いや、お前みたいに嫌味な就活生じゃないと思うぞ読者の方はw

僕が東京キャリアフォーラムに参加した学生と就活中に知り合ったのですが。参加したらわかると思うのですが、電通って1時間で履歴書100枚くら段ボールに入ってるんですね。

全く面接に通らないんですが、そこでその知り合いが通ったらしく、「どんな人が面接にいっていたの?」って聞いてみたら、その人も含めてやっぱりほとんどが「アメリカの4年生大学卒業」でしたね。

ボスキャリは宿泊・交通費が高いので東京キャリアフォーラムの方が良いです。キャリアフォーラムは「アメリカの4年制大学卒>交換留学>語学留学」なので勘違いしないように。(3年生からの留学には、就活プランが必要です。)

僕
就活プランってなんだよ!と思われるかもですが、交換留学・語学留学の方なら東京キャリアフォーラムが一番コスパと時間効率がいいと思います。

③大企業の帰国生向け日程は倍率高いので、期待しない方がいいかもです。【僕は全滅でしたw】

もう一つ、これまで紹介してきた方法以外だと「帰国生(帰国子女)向け日程」があります。

僕の帰国後の就活スケジュールは、「帰国生向け日程の面接→マイナビ国際派→東京キャリアフォーラム→二次面接ラッシュ→内定」みたいな感じでした。

イメージとしては、マイナビ国際派就活(5月~6月)の前に、帰国生向け日程のオンラインテストがポツポツ受験できた印象。

それから1次面接が東京キャリアフォーラムとだいたい被ってくるので、夏に2週間ほど東京に滞在して就活。

帰国生向け日程で受けた会社は、IT系の大小ベンチャー、5大商社と大手保険でした。

留学していたからかTOEIC960が目を引いたのか、まさかの5大商社は面接3つまでたどり着くという謎の快挙。しかし、企業風土が合ってなさげで1次面接で敗退。やっぱ僕は体育会系ムリっすわ。。。

夏のおわりから秋ごろにかけても、通年採用をやっている会社がまだあったので、ここで大企業に特攻しても全然余裕でした。逆に、夏が終わると大手や就活人気企業が受けれなくなってきます(1つ下の外資系企業の採用がはじまってしまいますよね)

この日程での内定数はゼロ。最終面接もゼロで一次面接にて全て敗退でした/(^o^)\

この記事を書いた人
この記事を書いた人
くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実は、留学したら記事執筆の話を持ちかけられたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、(ry
ぺん
ぺん
おい、そのコピペ最近の子に伝わらないからやめろw

まあ人生なにごとも挑戦ですね笑 今考えてみると夏までにしか挑戦レベルの会社を受けれないので、やってよかったなーと思いました。

大企業の帰国子女枠は、他の優秀な就活生との少ない席を取り合うので、めちゃくちゃ厳しい。普通に受けた方が大学ごとの採用数の中での勝負になるので、そっちのほうがよさげです。

これについては、客観的にデータがあるわけではないです。

しかし、結構絞っているような印象を受けたので高倍率か難関か、どちらかかもしれませんね。

【経験談】大学3年で留学→就活は余裕がなさすぎです

僕は大学3年の留学直前までフル単でした。
なのに、帰国したら怒涛の30単位履修でさすがに萎えました。(*単位互換がなかったためですが)

この記事を書いた人
この記事を書いた人
サボってきた他の大学生と変わらんやんけ…
ぺん
ぺん
留学して内定3つしかないお前に言われたくないと思うぞw

帰国後、ゆっくりと「将来のやりたいこと」や「理想の社会人像」なんて考える時間はまさに皆無。本当に時間に余裕のない就活になることは覚悟してください。

この記事を書いた人
この記事を書いた人
内定がないとおれは死ぬ… 内定をくれ

こんな内定ゾンビになる可能性もありますが、一応、就活で数を打つことは可能なスケジュールではあります。留学して授業もとって単位もしっかり取れた人ならなんとかなります。

今考えたら単位取得して1年間休学するのが一番よかったかもしれません。

ぺん
ぺん
まあ、休学もいいかもな。人それぞれだけど。実際休学したら就職厳しくなるとかあるの?
この記事を書いた人
この記事を書いた人
僕の観測範囲だとないですね〜。むしろ休学してインターンしたり起業してた人が社会人の滑り出しも上々だった印象です。焦りすぎは禁物ですね。

✔︎ 留年もオプションの1つ

時間ができるので、しっかり将来について考えられるだけでなく、新生活に向けて貯金もできます

1年間の休学費用は、1ヶ月のバイトで稼げてしまいます

休学中にインターンやアルバイト・フリーランスなど、社会人経験を積む機会もできますね

僕は余裕がなさすぎて就活失敗しました。自己分析が激アマだったし、スケジュールが忙しすぎて面接でも余裕のなさが出ていました。実績は結構あったのに、自信をもってアピールすればもっと沢山の企業から内定はもらえたなと思っています。

そういった段取りの悪さが響いたのか、新卒で入った大企業も4カ月というスピード退職につながってしまいました。これについては間違いなく、過密すぎるスケジュールが2割ぐらい噛んでいるでしょう。

あんなに無理しなくても大人しく休学しとけばと思ってます。なので、これを見ている留学中の人。ぜひ無理のない就活プランを立ててください。そっちの方が絶対に実りのある就活になることでしょう。

無理しすぎると就活で余裕のなさがでて、負のスパイラルに陥りかけてました。余裕をもったスケジュール感が就活の成功の秘訣です。

スポンサードサーチ

まとめ + 留学から就活する人にオススメの本

この記事を書いた人
この記事を書いた人

大学3年で留学→就活でも内定は余裕で出ます。

だけど、少しでもキツいスケジュール感になったら、大人しく休学するのもいいオプションです。そっちの方が、就活の準備や新生活の準備もできるので、必ずしも悪いオプションではないと考えています。

実際に、1年休学する費用はアルバイト1ヶ月で間に合いますし、留学後だと金銭的にも余裕がなかったりすると思うので、インターンやアルバイトをやりながら、休学を充実させておく方が、むやみに就活するより、絶対に良いと今では思います。

ぺん
ぺん
あ、あと参考にして欲しい書籍あるって言ってなかった?
この記事を書いた人
この記事を書いた人
あ、そうだそうだ。留学する人は、社会人基礎力にあたる分野が結構ないイメージがあります。自分は社会人基礎力のなさを面接官に見透かされていたような気がします。それについては、「入社一年目の教科書」」をしっかり読んでおくとOKです。

 

留学で得られた経験を無駄にしないためにも、取れるオプションは一度全て考えてみてください!就活頑張ってくださいね。

質問などありましたらお気軽にコメントいただけますと幸いです。

ABOUT ME
クスハラ
立命館大卒('18)後、ニート。 その後、webエンジニアとして独立・開業。 留学経験あり。TOEIC960点(大学3年時) 複数のwebサービスのグロースから開発までを担当。楽しく仕事して自由に生きているので、ブロガーとしては世の中の当たり前を疑う視点を提供する記事を書きたい。 ■連絡先 shogo.kusuhara[あっと]gmail.com

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です